毛細血管を強くするサプリ!人気の5選!

体中に網の目のように張り巡らされている毛細血管。髪の毛よりも細い毛細血管ですが、実は非常に重要な役割があるのです。
毛細血管が弱くなって切れてしまうことで、美容にも健康にも悪影響が出るのです。サプリメントを使って、毛細血管を強くし、いつまでも元気に若々しくいたいですね。

 

当サイトでは毛細血管を強くするサプリの驚くべき効果、そして今売れてるサプリをランキングでご紹介しています。貴方のサプリメント選びの参考にしてみてください。

毛細血管を強くするサプリランキング

きなり

血液をサラサラにする魚由来の成分が濃密に詰まったソフトカプセルタイプのサプリで、DHAとEPAをしっかりと補給出来ます。

 

魚臭さがほとんどなく、とても飲みやすいので魚が苦手や生臭さが気になる人でも無理せずに続けることが出来ます。
血管の状態をよく保ちたい、スッキリした毎日を送りたいという人には是非試して欲しいサプリです。

 

オススメしたい人 ・血管年齢を若く保ち健康でいたい

・魚が苦手だけど栄養バランスが気になる
・天然由来の安心できるサプリがいい

主な特徴 ・15日間の返金保証がついている

・GMP取得工場で最高レベルの安全管理をしている
・モンドセレクション最高金賞を受賞

成分 DHA/EPA/ナットウキナーゼなど
価格 特別モニター毎月お届けコースが初回1,980円
評価

 

 

美健知箋DHA・EPA

ユンケルでおなじみの佐藤製薬から発売されているサプリで、EPAとDHAが高配合された高品質のサプリです。

 

飲みやすさも追求されており、特許を取得した3mmのシームレスカプセルで酸化を防ぎながら喉をするっと通ってくれます。
飲み続けることで血管年齢を意識したい人や食生活の乱れが気になる人の元気な毎日をお手伝いしてくれます。

 

オススメしたい人 ・効果と飲みやすさが両立しているサプリが良い

・血管年齢を若返らせたい
・長く健康でいられる習慣を始めたい

主な特徴 ・有名製薬会社のサプリなので安全で安心

・特許を取得したシームレスカプセルを採用
・1包で750mgのEPAとDHAが摂れる

成分 DHA/EPA/ビタミンEなど
価格 定期コース申し込みで初回1,000円
評価

 

 

肝パワーE

原材料に強いこだわりのあるサプリで広島産の大牡蠣をはじめとした、国産の厳選された優秀な素材の成分が詰まっています。

 

若々しさと健康には必須と言える肝臓の健康をサポートする力があり、お酒を飲む人や血管年齢が気になっている人にオススメです。
1日3粒から始められるので飲むのが苦にならず、リピーターが多いサプリです。

 

オススメしたい人 ・年齢を重ねて血管の状態が気になってきた

・お酒が好きだけど健康維持もしていきたい
・肝臓の数値をなんとかしたい

主な特徴 ・750万袋突破の大人気サプリ

・モンドセレクション金賞を受賞
・1日3粒から始められるので続けやすい

成分 広島産大牡蠣/長野産ジャンボにんにく/紀州産南高梅など
価格 5袋お試しセットが980円
評価

 

 

ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット

ナットウキナーゼの溶かす力とDHA・EPAのサラサラにする成分のWの力で血管の状態を良くするお手伝いをするサプリです。

 

1日1粒だけで良いので飲むのが億劫にならず、気軽に続けられることから多くの人が愛飲している人気商品になっています。
小林製薬の技術と管理の元で製造されているので、品質も良く安心して続けることが出来ます。

 

オススメしたい人 ・血管と血液の状態を良くしたい

・サプリを沢山飲むのが面倒だと感じる
・複数の有効成分をまとめて摂取したい

主な特徴 ・1日1粒でいいので誰でも続けられる

・2つの力で血管を徹底サポートする
・小林製薬のサプリなので品質が高い

成分 ナットウキナーゼ/DHA含有精製魚油/EPA含有精製魚油など
価格 1袋のお試しが初回限定1,134円
評価

 

 

大正DHA・EPA

大正製薬から販売されているDHAとEPAを豊富に含んだサプリで、独自の製剤技術を使って体に素早く吸収されるように工夫がされています。

 

酸化に弱いDHAとEPAを守りながら体に届けてくれるので効果を感じやすく、違いを実感するという声がとても多い商品です。
持ち運びがし易い小袋入りなので外出先での飲めて忙しい人でも続けやすいです。

 

オススメしたい人 ・他のDHA/EPAサプリの効果がイマイチだった

・食事のバランスの悪さが気になっている
・血液の状態を良くする何かを始めたい

主な特徴 ・大正製薬のサプリなので安心安全

・定期コースでもいつでも休止ができる
・DHAとEPAが600mgも含まれている

成分 DHA含有精製魚油/EPA含有精製魚油/ゼラチン
価格 定期コース申込みで初回1,000円
評価

 

 

毛細血管はなぜ弱くなる?弱くなるとどうなる?

 

毛細血管はさまざまな要因によって弱くなり、血管の壁面の強度が落ちたり、柔軟性が失われたりしてしまいます。毛細血管が弱くなる原因と、弱くなったことによる影響を知っておきましょう。

毛細血管とは

毛細血管とは、5?10マイクロメートル程度の細さの血管のことを言います。5マイクロメートルは0.005ミリメートルですから、非常に細いことがわかりますね。全身の細胞に酸素や栄養分を送り、二酸化炭素や老廃物を排出させる役割があります。毛細血管はなんと全身を流れる血管のうち、99%を占めているのです。

毛細血管が弱くなる原因は?

毛細血管が弱くなる理由はさまざまです。そのうちの一つは加齢です。60代?70代になると、20代の毛細血管の6割程度になってしまいます。その原因は栄養分の不足ストレスや疲労で活性酸素が増える血液がドロドロになって流れにくくなる高血圧などが挙げられます。飲酒や喫煙、食生活による影響でも毛細血管が弱くなることがあります。

毛細血管が弱くなるとどうなる?

毛細血管が弱くなり、切れてしまうと酸素と二酸化炭素のガス交換や、栄養分と老廃物の交換がうまく行かなくなります。そのため、疲れやすくなったり、むくみやすくなったり、新陳代謝が悪くなるため、シミやシワなど肌の状態が悪くなったりします。また、血の流れが滞るため、認知症の発症するリスクが高まったり、高血圧や心筋梗塞・脳梗塞などの生活習慣病の発症するリスクが高まります。頭髪が薄い人は髪の毛に十分な栄養がいかなくなるため、ハゲが進行していくという可能性が高まります。

毛細血管を強くするにはEPAとDHAが効果的

 

毛細血管を強くするためにはEPAとDHAが効果的だと言われます。どちらも血管の健康維持や血流改善、血栓の予防や動脈硬化の予防などの効果があります。

EPAとは

EPAとは正式名称を「エイコサペンタエン酸」と呼びます。EPAには血小板の凝固を抑制する効果があります。これによって血栓ができにくくなり、心筋梗塞や脳梗塞などが起こりにくくなります。悪玉コレステロールを減らしたり、中性脂肪を減らしたりする効果があるため、動脈硬化を防ぐ働きがあります。血流を改善し、血管の健康を守ることができます。

EPAを摂取するには

EPAは青魚に多く含まれていることで知られていますが、α-リノレン酸が体内に入るとEPAに変わるため、α-リノレン酸を含むエゴマ油や亜麻仁油などをとるようにするとよいでしょう。最も効率よくEPAを摂取するには、サプリメントが一番です。

 

DHAとは

 

DHAとは正式名称を「ドコサヘキサエン酸」と呼びます。DHAは「頭が良くなる」とテレビでも取り上げられることがあるため、印象に残っている人もいると思います。記憶力が向上し、判断力や学習能力がアップするという効果や、アルツハイマー型の認知症の症状改善に効果があると言われています。それだけではなく、血管の壁面を細胞壁を柔軟にする効果があり、血流を改善し、血管の健康を維持する働きがあるのです。

DHAを摂取するには

DHAもEPAと同じでα-リノレン酸が体内で変化することで作られますが、青魚に多く含まれるほか、一人暮らしなどで魚を食べる機会が少ない人は、サプリメントで効率よく摂取すると良いでしょう。

毛細血管を強くするその他の栄養素は?

 

毛細血管を強くするには、EPA・DHA以外にも摂取を推奨される栄養素があります。EPA、DHAを含む、これら全ての栄養素を食材から取ろうとするとかなり無理がありますので、サプリメントを使って効率よく摂取するようにするとよいでしょう。

タンパク質

血管の原料となるタンパク質を摂取するということも必要なことです。肉を食べ過ぎることで脂肪分も摂取過多になってしまう可能性があるため、大豆などの植物性タンパク質や、魚などを食べると良いでしょう。特に青魚にはDHA・EPAも含まれているため、日頃の食生活の中に取り入れていきましょう。

ビタミンP

ビタミンPは正確にはビタミンではありません。水溶性ビタミンと同じような働きをする「水溶性ビタミン用作用物質」と言います。有名なところではそばに含まれる「ルチン」やお茶に含まれる「カテキン」、大豆の「イソフラボン」、ブルーベリーなどに含まれる「アントシアニン」と言ったものが挙げられます。これらはすべてポリフェノールの一種であり、強い抗酸化作用があります。ビタミンPには毛細血管を強化し、健康を維持する働きがあります。また、高血圧を予防するする効果もあります。ビタミンPにはビタミンCの働きをサポートする効果があるため、ビタミンCと一緒に摂ると良いでしょう。

イチョウ葉エキス

イチョウ葉エキスには、フラボノイドというポリフェノールが含まれています。フラボノイドには、毛細血管を強化して血行を促進する効果があると言われています。また、イチョウ葉エキスに含まれるギンコライドという成分は強い抗酸化作用があるほか、血小板の凝固を抑制したり、血栓ができるのを防ぐという作用があります。さらに、血管の収縮を妨げる効果もあるため、血管が拡張されて血流が良くなります。

ビタミンA・C・E

血液中のコレステロールが酸化しないようにするため、抗酸化作用のあるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを摂取すると良いでしょう。抗酸化作用とは活性酸素を除去し、その働きを抑えるという効果のことを言います。これによって血管の老化を防ぎ、動脈硬化のリスクを下げることができます。

ビタミンC

ビタミンCは抗酸化作用があるだけではなく、免疫力アップや美白・美肌効果、抗ストレス効果もあります。さらに、鉄分と一緒に摂取することで、鉄を吸収しやすい状態にしてくれるため、貧血の予防にも役立ちます。

ビタミンE

ビタミンEは抗酸化作用が強く、高いアンチエイジング効果があるため「若返りのビタミン」と言われています。ビタミンCと一緒に摂取することで、ビタミンEの抗酸化作用がさらに高まると言われています。

ビタミンA

ビタミンAにも抗酸化作用があるため、悪玉コレステロールを減らしたり動脈硬化を防ぐ働きがあります。それだけではなく、ビタミンAにはビタミンC・ビタミンEの抗酸化作用を高めてくれる働きがあるため、ビタミンA・C・Eは一緒に摂ると効果的です。

血流を良くするために必要な栄養素は

 

毛細血管を強くするだけでなく、さらに血流を改善するために必要な栄養素も見ておきましょう。

ナットウキナーゼ

納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」は血流をよくするのに役立ちます。この酵素血栓を取り除く効果があり、血液をサラサラにしてくれる働きがあります。

アルギニン

アルギニンは体内でも生成することができる「非必須アミノ酸」です。ですが、サプリメントを使うと、さらに効率よく摂取することができます。アルギニンは血管を拡張して血流を改善するという働きがあります。また、成長ホルモンの分泌を促すため、疲労回復や滋養強壮と言った働きもある成分です。

鉄分・葉酸

鉄分は赤血球のヘモグロビンの構成要素です。貧血の多くは鉄分不足だと言われています。また、葉酸は「造血のビタミン」を呼ばれ、血液を作る際には必須のビタミンです。鉄分や葉酸はビタミンCと一緒に摂ると効果が高まります。

毛細血管を強くして血管の若返りをはかろう!

 

毛細血管は非常に細い血管ですが、人間の体の中で非常に重要な役割をしてくれています。シミやシワと言った肌の問題から、脳梗塞や心筋梗塞と言った命にかかわる問題まで、毛細血管が弱くなると非常に大きな影響があるのです。毛細血管を強くするために必要な栄養素をサプリメントで効率よく摂取して、血管の若返りを図りましょう!